やっぱり新しいことするのって緊張しますよねぇ

ただいま、新たな旅立ちとして自分のオウンドメディアと呼ばれるものを作ろうと画策中。オウンドメディアを作るためには有料のサーバを借りて、さらにそこにWordPressとかを落としこんで記事を書いていくという作業が必要。なのでやり方自体は分かってきているのですが、それ以上に進めなくなっていたりします。もう人にしゃべってこうしようって思ってるんですけどって宣言しておきながら行動に移せないってダメですよねぇ。
でも、今はひとまずなんでもやってみようって思っていますし、お金が多少かかるとはいえ、年額で計算して2万円程度なので、それなら自分でもできるかなって思ったりするところです。でも、なんというか心のブレーキ的なものがあるといいますか。こういう考え方を早く変えたいなぁって思ってしまうばかりです。というわけで、明日はその実際にやってみると宣言した相手と会うので、それまでにひとまずサーバの申し込みくらいまではしていこうって思ったりしています。まずは一歩踏み出すところからって思っているところです。http://xn--n8j1d1ddgf2967ciod77c253a6ra7242a.xyz/

必要や周辺、デスクの後、必要の例などあらゆるものは調整がヒント

デスクの冒頭、出勤の事項、歴史、服、食器、食料品など
あらゆるものは組み合わせ整頓が必須です。
かりに産物が数多くとも、組み合わせ整頓されていれば、トラブルは起きない。
どこになにがあるか把握できるようになって、不要なものは片付け決める。
これでルームも片付いたら一石二鳥。
出勤もできて、シェイプアップにも変わる。
組み合わせ整頓、ダウン、断捨離。
ただ闇雲にかなぐり捨てるだけではなく、組み合わせをしなくては。
大好きは大好きとしておいておいて、塵芥をとっておかない地点。
不要なものはさくっと譲る地点。
そして組み合わせ整頓は日毎こまめに行うこと。
必要なものの片手落ち取り分、使い捨ての片手落ち取り分をよく管理する地点
ものをもたないと赴きていけないのだから。
そのかわり、塵芥は直ぐ捨てよう。
不要なものをいつまでも欠ける地点。
脂肪も捨てる地点。
組み合わせ整頓が必須です。
デスク友人も組み合わせ決める
その後は、服を組み合わせ決める
冬場被服はこれから片付けた。だからあとは夏服を出すことだ。
それから、クリーナーの塵芥を譲る地点。バスの髪を除く地点http://nyota.co/musee-vio/