大気の組成と気圧について勉強していました

エアなどについて学校しました。水蒸気と二酸化炭素は少数ですが、現在の地表の基盤生産に大きな役割を果たしてある。80kmより高くなると小気味よい原子・分子の確率が継ぎ足し、170kmより上空では酸素原子(O)が、1000kmより上空ではヘリウムが多くなります。エアは重力によって地表にひきつけられてある。ごと面積に訪れるエアの重さが気圧だ。1643時期、イタリアのトリチェリーは約76cmの水銀柱の重さがおんなじ断面積のエア柱の重さに等しいことを発見しました。こういう水銀柱76cmの攻撃を1気圧(1atm)といいます。1気圧は1013hPa(ヘクトパスカル)だ。また、水銀柱の高さをただただ気圧のがたいとして、1気圧=760mmHgと現すこともあります。とあるエリアでの気圧は、そのエリアより上に残るエアの重さであるから、上空に行くほど気圧は低くなります。このようなことを学校しましたが、知らないことを知れて良かったです。http://www.cnclathemachining.com/